尿酸値に変わってしまう|通販や宅配の便利サービスを利用し腎臓病に有効な食事を
婦人

通販や宅配の便利サービスを利用し腎臓病に有効な食事を

尿酸値に変わってしまう

病食

痛風の主な原因は、食事によって摂取したプリン体によって発生する尿酸が原因です。血液中の尿酸値が高まる事によって、尿酸が結晶化してしまい、血管を傷つける事によって痛みが生じます。尿酸を作る一番の原因がプリン体ですので、痛風イコールプリン体という図式が完成したのです。プリン体は一部の食材に多く含まれている事で知られており、ビールやレバーなどの食材が特に危険視されていますが、実際にはほとんどの食材に含まれている成分なのです。細胞の中にある核酸と呼ばれる部分に含まれている成分なので、食材に関係なく含まれていて当然と言えば当然の結果なのです。痛風の原因でもあるプリン体は私達の体内にも含まれていますが、体外からの摂取する割合は8割とかなり多いので食事に気をつける必要があります。

食事によって摂取されたプリン体ですが、体に含まれる事によって分解されてしまい尿酸値が高くなります。体内で生成される場合は、新陳代謝を交換する際と、激しい運動をした際にしか生成されません。そのため、体内の生成数が少なく、体外からの摂取量の割合が多いのです。肝臓によって分解されたプリン体は尿酸に変わり、血液を通って尿として排出されるのが一通りの流れとなっています。毎日700mg程の尿酸が生成されていますが、生成した分だけ尿として放出するので基本的に害がありません。ですが、別の要因によって生成数が増えてしまった場合に限り尿酸値が高まり風通となってしまうのです。食事でプリン体を摂取しない事はかなり難しいので、基本的にプリン体を多く含む食材のみを摂取しないようにしましょう。バランス管理のためにも、栄養バランスの取れた食事を心がける事が痛風予防に効果的なのです。最近は痛風の方向けの宅配サービスなどもあります。宅配サービスでは、健康を考えたメニューで作られており、また味などもしっかりとしているので満足のいく食事をとることが出来るでしょう。